映画評・書評・その他日常について

映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

今日は仕事納め

今日は仕事納めでした。相変わらず顔を合わせるだけで心が温かくなるような人もいれば、こちらがダメージを受けざるを得ないような態度で接してくるような人もいました。それでも、いろいろありながらも、無事にこの一年を終えることができたことを感謝しています。ありがとうございました。
新しい年には、職場に限定せずどこでも、顔を合わせるだけで心が温かくなるような人を少しでも増やしたいし、自分もそういう人になりたいと思います。


今日人から受けたダメージから立ち直っていないのですが、さっきから思い出を振り返っています。


ある時の私の心をとても温めてくれた思い出たちも、先に進むためには、今の私の行く手を遮り、足を引っ張ってしまいます。だから、しっかりと振り返って、お別れをします。でも、その事実に涙が出そうになります。


本当は、泣きたいだけ涙を流してしまいたいのですが、人前で泣けない私は、家族の目のある今はまだ泣くことができません。


また、自分の全部を伝えたくて、自分の全部を受け止めてほしくて、という甘えた自分自身も、この辺で卒業したいです。きっと、そういう甘えが、大切な人との関係を悪化させました。


誰かや何かに頼ってしまう気持ちは、なかなか捨てきることは難しそうですが、長期的な視点からぶれない・振り回されない自分であり続けたいです。大切なもの、大切な人を、本当に大切にできる人になりたいです。そういう力を持ちたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。