映画評・書評・その他日常について

映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

感謝すること

感謝しながら生きることは、とても難しいことだと改めて思った。


感謝できるくらいにハッピーなら、もしかしたら感謝もしやすいかもしれない。けれども、そんな時はきっとハッピーなことに夢中で、感謝することを忘れてしまう。


辛い時、悲しい時、身体が辛い時、嫌なことがある時、そんな時にそんな自分の状態を感謝できる力のある人はどれくらいいるのだろう?


もう少し調子の良い時の自分や、もう少し自分よりも幸せそうな人や、何かとその時の自分を比べてしまい、自分が失っていることにだけ、目を向けてしまうだろう。だから、感謝を忘れてしまう。


いつでも、どんな時でも、感謝を忘れないような人でいられたら、自分にも人にも何にも振り回されないで生きていけるのかもしれない、そう、思った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。