映画評・書評・その他日常について

映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

決め手

考えごと、悩みごとを自分で解決するのに決め手となることは何か?


改めて気づいたけれどそれは、どうすれば自分がワクワクするのか?そうなりたいと憧れるのか?楽しいと思えるのか?なのだと思う。どれが適切なのか?正しいのか?安全なのか?ではなく。


年を重ねるごとに安全性を重視し、フットワークが重くなってきてしまっているけれど、元々私は失敗することを気にせず、してみたいことに駆け出してしまうタイプだった。


年齢に対する焦りや、現状に対する違和感。そういったものをモヤモヤと抱えながらも、日常生活を守ろうとだけして微量な不満を日々育てていたような気がする。


もちろん、日常生活は大事。今の仕事もけっこう好き。でも、それだけでは迷いが出る。幸せになりきることができない。それなら、自分で模索し続けるしかない。多少、時間的体力的に無理をしてでも。


今、興味あることがまた二つある。年末年始に考えていたこととはまた違う。なりたい自分に変えたい気持ちもさらに二つある。それらを日常生活を送りながらすることは、新しい環境に身を置き始めているし身体も万全ではない私にとってはかなりの負担なのだけれど、自分の心が求めることをおざなりにしていたら、これまでの「不幸」な毎日から抜け出せない。そういうことだ。


脱出しよう!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。