映画評・書評・その他日常について

映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

一番をつらぬく力

私が憧れる人、良いなぁと思う人、友だちになりたい人には共通点があることに気づいた。自分にとって一番なことをつらぬく力を持っている人だ。例え困難に思えていたり、人から無理だと言われたとしても、そんなことに動じず自分の思いにのみ、ただひたすらに忠実な人だ。


そういう人と話すと楽しいし、自分には思いもよらない考えを聞いたり勇気をもらえるので大好きだ。


今まで、自分の周りにいるスゴイ人達をただ憧れを持って眺めてきた。自分とは異なる人間のように思えていた。ただ、友だちでいて話をするだけで満足だと思っていた。


けれど、ふと昨日気づいた。

私も、そうありたいのではないか?

そんな人になりたいのではないか?と。

そうでなければ、見事なまでに同じタイプの人ばかりを好きにはならないのではないか?と。

私は、自分が一番をつらぬく勇気がないから、一番をつらぬく力のある人を応援することで代償にしてきたのではないか?と。


今から、そんな自分の生き方を変えるのはかなり勇気がいるけれど、生きがいを持って人に頼らずに生きていくには、一番をつらぬく力を持ちたいと思った。


例えその道が厳しいとしても。

例えその道が困難だとしても。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。