映画評・書評・その他日常について

映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

やる気がでない時には

今この時をワクワクして幸せに過ごしていたいのに、なかなかそんな気持ちにならないでため息をついて暗い顔をしている今日この頃。

やる気もでないし、心がすさんできそうな気がする。


そこから脱出しようしようとあがいて来たけれど、どうも方向性が違うみたいだ。

今の毎日の中で好きなことに気持ちを向けていくことが大切みたい。

大きなことじゃなくても良くて、小さなことから。


だから、朝から良いお天気の今日は、お洗濯をした。カーテンも寝具も全て洗ってしまう。

私はそれで幸せを感じる。


好きな音楽を聴きながら読書する。

まずは、それくらいの当たり前の幸せをかみしめてみる。


昨日までよりも、心も身体も軽くなった気がする。


不思議なことだけど、私は私に関心が薄くて、私を大切にしきれていないのかもしれない。自分の気持ちではなく、いつも他の視点に振り回されている。


私を幸せにするのは、私の気持ちなのだ。何かが起こっても、その何かを受け止めるのは、私自身の気持ちだからだ。


当たり前のことなんだなぁと思った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。