映画評・書評・その他日常について

映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

望んでない出来事に出会ったら

望んでいない出来事が起こっても、もしかすると良いことにつながっているのかもしれない、と良いように受け取ることが、次の現実を良くするポイントらしいです。


主治医は、悲観的に考えがちな私に、都合の良いように考えていきましょう、と良く言われたなぁと、私の中で繋がっています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。