映画評・書評・その他日常について

映画や書籍についてのブログです。
映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、家事や旅行が好きです。
何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

The Holiday  ホリデイ

ホリデイ (字幕版)
ホリデイ (字幕版)
2016-04-01
Movie

もう10年以上前のアメリカ映画だけど、観て良かった。観るきっかけは、先日楽しく観た映画『マイ・インターン』のナンシー・マイヤーズ監督の映画作品だったからだけど、本当に観て良かった。


物語が始まってみると、ほとんどの主要な登場人物が heartbreak していることが分かる。しかしながら、映画が終わる時には皆、そのそれぞれが抱えていた hertbreak から立ち直っている。ほんの数週間の間に、直近のあるいはずっと以前から抱えている heartbreak が本人にとって大きな出来事ではなくなってしまっている、そういう素敵なファンタジーだった。


ファンタジーという言い方は、少し厳しいのかもしれない。もしかしたら、映画の中でアイリスが言うように、それまでの場所と人を変えると、人は立ち直ることができるのかもしれない。ただ、たった数週間で素敵な出会いを得て映画の始まりには思い描くこともできなかったような幸せを手に入れることができたことは、本当に素敵なファンタジーだ。


しつこくファンタジーと言うのは、私も私の heartbreak をいくつも抱えながらも、場所も人も変えることができずにうじうじ暮らしているので、その効果を実感できていないからだ。そのうち、私も、実感できたらと思う。


内容以外の感想は、キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットが、この映画では妙に年取ったなあと思えてしまったことと、パパで泣き虫のジュード・ロウはこの上なく素敵だったこと、この映画で初めて知ったマイルズ役のジャック・ブラックは、役柄がとっても好きだった。この役に良く似合っていたことでした。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。