映画評・書評・その他日常について

映画や書籍についてのブログです。
映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、家事や旅行が好きです。
何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

復職は難しいこと…らしい

今日、心療内科の主治医に復職に向けての相談をしたところ、〇月〇日から復帰します!と決めてしまうといろいろ難しいことがあるので、まだ休職中のうちに(休んでいるのに)、職場に顔を出したり、数時間職場で過ごしてみたりということをしながら、心身を慣らしていったら良いのではないか?という案をいただいた。


実は私、今年に入って復職が2回目だ。12月に腰椎の椎間板ヘルニアとすべり症で入院した際には2月に職場復帰し、今回8月に職場から脱落し9月の今復職に向けて動き始めた。上記の主治医の案は、とても良い案だと思った。


先ほど、職場と相談をしたところ、無理のない範囲でならそういう顔の出し方もしても良いということを言っていただいたので、とりあえず来週くらいからそういうお試しを始めることとなった。何曜日からどれくらいの時間で始めるのか?については、私のプレッシャーにならないように来週に入ってから、具体的に決めましょうという事となった。その際、休職明けの復職は難しいらしい。googleとかで調べたらすぐ出てくるよとさりげなく教えてもらった。


前回の休職は純粋に身体によるものだった。けれども、復職してから職場の人間関係に行き詰まることとなった。今回は、それによる精神的な問題による休職からの復職。今年2回目の復職。ハードルはさらに上がっている。これから、どういう気持ちで、どういう態度で、どういう仕事ぶりでやっていくことができるのか?自分でも未知数である。


復職は難しいというのは定説らしい。
今から、その定説をググって自分と照らし合わせてみたいと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。