映画評・書評・その他日常について

映画や書籍についてのブログです。
映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、家事や旅行が好きです。
何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

3人の私 ー「ちはやふる」


昨日、「ちはやふる」を観たせいだと思うけれど、今朝目覚めたらふと「3人の私」について思った。


幼い頃の全力まるごと自分で生きていた私。<br>自分を抑えて大人しく、少しは周囲を見ることができるようになった私。
大人としての私。


20年以上前に大学で心理学を専攻していた時には、人間は「統合」されていくものという印象を持ったけれど、今の私はとりあえず「3人の私」がせめぎ合い、バランスをとりながら「私」を運営しているような気がする。


「ちはやふる」でそれに気づいたのは、おそらく主人公の千早ちゃんを見て、幼い頃の全力まるごとの自分を思い出したから。おそらく、私の中では一番力が弱く、消えかかっている私なのだろう。「ちはやふる」は、そんな消えかかっている私に気づかせてくれた。


どれも、私。大切な、私。
もっと「私」を大切にしていけたらと思った。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。