映画評・書評・その他日常について

映画や書籍についてのブログです。
映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、家事や旅行が好きです。
何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

メタ認知


自信を持つというか、動じない自分になりたいと思い、半分眠りながらスマホでいろいろ検索していたら「メタ認知」に行き当たった。メタ認知とは認知の認知というか、自分をさらに客観的にみる視点なのだろうけれど、それを意識的にするだけではなく自分とメタ認知の自分が対話を重ねれば重ねるほど自信が持てるようになる、という記事があった。


傷ついて哀しい気持ちになったら、「今哀しい気持ちになっているんだね」と自分が自分に声をかける、ということがポイントらしい。そういうことを積み重ねることが自信につながると、アメリカの大学の研究で証明されたらしい。(眠りながら調べていた内容なので、はっきりとした名前が出せないです)。


というわけで、今日は朝からメタ認知を気にして過ごそうと思っていたのだが、なかなかうまく行かなかった。最初はメタの場所に自分を意識するのだが、やがて普段通りに単なる自分に戻ってしまう。この文章を書こうと思い立つまで、結局メタの場所の自分は忘れてしまっていた…


と言う私だが、思春期・青年期辺りは常にメタ認知をしていた。それはそれだけ安心感が少なくて、自分を他人が見るような視線で見て確認しなくては、という思いが強かったからなのだが、その頃はメタ認知はしていても自分に話しかけなかったから、今よりももっと自信がなかったのかもしれない。


もっともっと、自分に話しかけてみて、仲良くなっていきたいものです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。