映画評・書評・その他日常について

映画や書籍についてのブログです。
映画を観て・本を読んで、何を思ったのか?についての覚書です。
また、家事や旅行が好きです。
何気ない毎日の中の出来事についての覚書でもあります。

目標:人を喜ばせる



うつ病は自罰傾向の強い人がなりがちらしいですが、私もその傾向が強いです。そういう場合、自分を大切にすることが大切と言われますが、なかなかどうしたら自分を大切にするのか方法も分からないところがあります。


そういう中で、面白い記事を読みました。
うつ病から回復を早める為に自分のことを考えるのではなく、人を喜ばせる方法を考えて実行しましょうという事でした。その新しい視点に、ものすごく納得しました。


自分のことを優先させると言われても、好きなことなどがはっきりしないのが、私自身のうつ病です。そんな状況を考えると、人を喜ばせるということは相手の為でもありながら、まわりまわって自分自身に良いフィードバックがあります。そうしながら、人間関係も改善します。人が怖いと思っている状況に対しても変化を与えることができます。最高の方向性のような気がしました。


もちろん、うつ病の私には、自己犠牲をしても人を喜ばせたいという思いを持ってしまうところがあり注意が必要ですが、その辺りのバランスさえ間違わなければ、非常に良い方法だなあと思い、実践していこうと決めました。


私の中での優先順位を仕事や仕事のサービス対象者以外の周囲の人にも広げるとしたら、出会う人出会う人を喜ばせることを考えてみるというのは、私にとっては大きな方向転換です。出会う人に不快を与えないようには気を付けてきましたが、喜ばせようとは、親しい人に対してしか考えてこなかった気がします。それは、大きな、私の弱点のように思えました。


不快を与えない、では、社会性を持って丁寧に接すればいいという程度でやり過ごせます。けれども、喜ばせるには、相手について興味を持って関わろうとしなければならないです。


でも、今から、がんばってみたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。